水を飲んで美しくなる

水はお肌によいという知識

水はお肌によいとされています。老廃物の排出、代謝の活性化、便秘の解消など、様々な効果があります。そもそも水は人にとって必要なものです、飲まないと美容どころか健康にも悪い影響がでます。
しかし、どの水を飲んでもいいというわけではありません。水道水には殺菌のために塩素が含まれています。この塩素が美容はもちろん、健康にとっても悪いとされています。お肌は乾燥し、癌の原因にもなります。
最近、ウォーターサーバーを置いている家庭が増えるようになりました。もちろん、何も考えずに金と手間をかけているわけではありません。彼女たちは知っているのです、水が人体に与える効果の素晴らしさを。知らないということは、それだけで損ということになります。

水にも色々な種類がある

では、水道水以外ならどれでもいいのかというと、それも少し違います。水には、色々な種類があるのです。
例えば、水には硬水と軟水の2種類があります。一般的に、欧米の水が硬水、日本の水が軟水と言われています。美容によいのは、軟水のほうです。軟水はマグネシウムやカルシウムなどが少ないため、とてもまろやかです。飲むのはもちろん、お肌に塗ってもよいとされています。それに対して硬水は便秘解消の効果があるため、ダイエットによいとされています。
他にも、ミネラルウォーター、炭酸水、水素水など、様々な商標があります。それぞれに特徴があり、効能を知っておくことが大切です。
商品化されている水には、目的がしっかりと定められていることが多いです。商品の特性をよく理解し、自分のニーズに合った水を選ぶようにしましょう。